Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活センター、架空請求相談が多い業者リストを更新

国民生活センターは、架空請求の相談件数が多い上位30業者のリストを公開した。

国民生活センターでは、架空請求の被害を未然に防止するため、全国の消費生活センターから全国消費生活情報ネットワークシステムに登録された架空請求に関する相談のうち、上位30社を公開している。今回更新されたデータは、2004年10月1日から31日までのもので、合計相談件数は4万3065件だった。

1位は「テイコクサイケンカイシユウキコウ」で812件の相談が寄せられた。また、「ニホンサイケンセンター」「カントウカンザイジムキヨク」が700件前半で続いている。なお、同センターでは、発表したリストが実在の「事業者名」などであるかどうかを確認していない。

http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/kakuseikyu_list.html

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も