Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁、サイト上で「著作権侵害中」と挑発し海賊版ソフトを販売した男性を逮捕

警視庁は、海賊版ゲームソフトを販売していた江戸川区のフリーライター男性と、同居していた無職男性を、著作権法違反の容疑で同月17日に逮捕、11月19日に身柄を送検した。

男性らは、運営するホームページ「ブレインネット」を通じて「ファミリーコンピュータ」用のゲームソフト約2000タイトルを無断複製したCD-Rなど、海賊版ゲームソフトを販売していた。約半年の間に全国の約300人に対して販売し、約1000万円を売り上げていたとみられる。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、「ブレインネット」のトップページには、「著作権超侵害中」「著作権ってなんですか? 全部コピーで、いいじゃない。」など、挑発する文章を掲載していたという。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料