Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco IOSのDHCPパケット処理に脆弱性

情報処理推進機構は、Cisco IOS 12.2SのDHCPパケット処理に脆弱性があるとし、注意を促している。

DHCP サーバまたはリレーエージェントを有効にしていると、攻撃者にサービス妨(DoS)攻撃をされる可能性があるという。

Ciscoアナウンス
http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_advisory09186a00803448c7.shtml

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント