Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco IOSのDHCPパケット処理に脆弱性

情報処理推進機構は、Cisco IOS 12.2SのDHCPパケット処理に脆弱性があるとし、注意を促している。

DHCP サーバまたはリレーエージェントを有効にしていると、攻撃者にサービス妨(DoS)攻撃をされる可能性があるという。

Ciscoアナウンス
http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_advisory09186a00803448c7.shtml

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加