Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセンス、フィルタリングソリューションに「キーロガー」カテゴリを追加

ウェブセンスは、ウェブフィルタリングソリューション「Websense Enterprise」に「キーロガー」フィルタリングカテゴリを追加した。

今回、キーボードからの入力を監視して記録するソフト「キーロガー」をフィルタリングカテゴリを追加し、キー入力を記録するアプリケーションを含むサイトへの、従業員のアクセスを管理できるようになった。

すでに発売されている「Websense Enterprise v5.5」の新モジュール「リアルタイム・セキュリティ・アップデート」においても、スパイウェアなどとともにキーロガー情報の自動ダウンロードが行われる。また、Websense Client Policy Managerとの連携により、キーロギングアプリケーションの起動をブロックすることも可能。

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性