Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報2298件を保存したパソコンを紛失 - 日本興亜損保

日本興亜損害保険と日本興亜生命保険は、富山県小矢部市の同社代理店においてパソコンが盗難に遭い、顧客情報を保存したパソコンを紛失したと発表した。

昼食中、車上荒らしの被害に遭い、車内に置いてあったノートパソコンを盗まれたもので、パソコンには2298名の顧客情報が保存されていた。

顧客情報には、氏名、住所、電話番号、契約内容など個人情報が含まれていた。現在もパソコンは見つかっていない。同社によれば、代理店向けソフトウェアに顧客情報が保存されており、代理店向けパスワードがないと閲覧できないとしている。

(Security NEXT - 2004/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出