Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートPC社外持出に不安が8割強 - 民間調査

ガートナー ジャパンは、ビジネスマンを対象に、ノートPCや記録媒体などモバイル情報機器の社外持ち出しに関する調査を実施した。アンケートは、一般ビジネスマン約1700人を対象にウェブ上で実施したもの。有効回答は693だった。

「持ち出しについてガイドラインがあり、持ち出しを全面禁止している」という回答は3.6%にとどまった。一方、ガイドラインがないとの回答は21.0%に達しており、中には「ガイドラインがあるかさえわからない(6.0%)」との回答もあったという。

回答者の約86.4%がノートPCやUSBメモリなどの盗難や紛失などについて「不安」答えている。ただし、携帯電話紛失に対しては、5割程度とノートPCなどと比較して低い値となった。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ