Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートPC社外持出に不安が8割強 - 民間調査

ガートナー ジャパンは、ビジネスマンを対象に、ノートPCや記録媒体などモバイル情報機器の社外持ち出しに関する調査を実施した。アンケートは、一般ビジネスマン約1700人を対象にウェブ上で実施したもの。有効回答は693だった。

「持ち出しについてガイドラインがあり、持ち出しを全面禁止している」という回答は3.6%にとどまった。一方、ガイドラインがないとの回答は21.0%に達しており、中には「ガイドラインがあるかさえわからない(6.0%)」との回答もあったという。

回答者の約86.4%がノートPCやUSBメモリなどの盗難や紛失などについて「不安」答えている。ただし、携帯電話紛失に対しては、5割程度とノートPCなどと比較して低い値となった。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」