Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5万6000人分の顧客情報を保存したPCが盗難 - NTTドコモ

NTTは、PHSサービス「いまどこサービス」のシステム保守委託先がPCが盗難被害に遭い、顧客情報約56000人分を紛失したと発表した。

PHS番号5万6396件をはじめ、PHS番号およびパスワード情報が110件、PHS番号および契約者氏名情報が29件、PHS番号および緯度経度情報が125件が含まれる。盗まれたパソコンにはパスワードがかけてあったという。

被害にあった会社は9月7日に警察へ被害届けを提出。氏名およびパスワードが漏洩した顧客に対して個別に連絡する。

「いまどこサービス」は、PHSの現在の位置をインターネットなどで検索し、確認できるサービス。

(Security NEXT - 2004/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ