Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JCB、提携カード申込み者14名分の個人情報を流出

ジェーシービーは、提携カード発行先へ、ほかの提携カード申込み者14名分の個人情報を誤って提供していたことを明らかにした。

今回の事故は、同社ホームページから提携カードを申し込んだ顧客の個人情報を提携企業へ提供する際、操作ミスにより誤って流出してしまったもの。本来の申し込み先と異なる提携先へ情報が提供され、メールアドレス、住所、カード有効期限、性別および生年月日など、顧客情報14件が流出した。

同社はすでに対象となる顧客に対し、状況を説明、謝罪している。同社では再発防止策として、担当者による顧客情報抽出登録後、マネージャを含む役席者2名以上の二重チェックを実施し、抽出時のチェック体制を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2004/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口