Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、個人情報の保護に関する条例の制定状況を公表

総務省は、2004年4月1日現在における個人情報の保護に関する条例の制定状況についてまとめた資料を公表した。制定している団体数は、年々増加している。

資料によれば、条例を制定している団体数は、都道府県および市区町村全3170団体中、2612団体で、前年度の2413団体から199団体増加している。制定率は82.4%で、前年度と比べて8.4ポイント増加している。

都道府県、政令指定都市および特別区はすべて制定済み。市区町村は、全3123団体中2565団体、82.1%が制定済みだという。また、1部事務組合などにおいても、158団体が個人情報保護に関する条例を制定している。

資料によれば、2003年5月に成立、公布された、個人情報の保護に関する法律などの趣旨を踏まえた規定内容の制定、見直しが進んでいるという。

(Security NEXT - 2004/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明