Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国で個人情報が盗難 - みずほコーポレート銀行

みずほコーポレート銀行は、業務委託先のシステム会社社員が盗難事件に巻き込まれ、顧客情報を紛失したと発表した。

同社員の私用鞄が盗難に遭ったもの。鞄には業務用ノートパソコンやフロッピーディスクが入っており、みずほコーポレート銀行の北京支店、大連支店における1700の口座番号、預金残高、貸出残高が含まれる。また、香港支店の顧客名簿600名分も含まれていた。

同銀では、現地警察に被害届を提出したが、鞄は各県されていないという。また21日現在、不正利用の情報は寄せられていない。同銀は顧客に対し事情説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2004/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開