Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京海上火災、顧客情報が盗難

東京海上火災保険は、同社社員が車上荒らしに遭い、顧客情報を記録したフロッピーディスクを紛失したと発表した。

フロッピーには、病院職員など、同社顧客2244人分の個人情報が記録されており、氏名、所属名、性別、生年月日、保険の加入状況といった個人情報が含まれる。同社では警察へ被害届を提出し、顧客に対し謝罪し、事情説明を行っている。

(Security NEXT - 2004/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協