Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三洋信販、あらたに個人情報流出を確認

三洋信販は、同社の顧客情報流出について、あらたに1162件の流出事実を確認したと発表した。今回の確認により約1万8000名の情報漏洩が確認された。

新たに流出が確認されたデータは、朝日新聞社へ持ち込まれたもので、同社顧客情報116万人分の一部とされている。顧客情報には氏名や住所、生年月日、貸付残高が含まれていた。

残りのデータに関して実際に同社のデータ化確認作業は行われていないが、最悪のケースとして、同社顧客データ200万件の流出可能性があるとしている。三洋信販では、データの不正使用もあるとしており、注意を喚起している。

(Security NEXT - 2004/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス