Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三洋信販、あらたに個人情報流出を確認

三洋信販は、同社の顧客情報流出について、あらたに1162件の流出事実を確認したと発表した。今回の確認により約1万8000名の情報漏洩が確認された。

新たに流出が確認されたデータは、朝日新聞社へ持ち込まれたもので、同社顧客情報116万人分の一部とされている。顧客情報には氏名や住所、生年月日、貸付残高が含まれていた。

残りのデータに関して実際に同社のデータ化確認作業は行われていないが、最悪のケースとして、同社顧客データ200万件の流出可能性があるとしている。三洋信販では、データの不正使用もあるとしており、注意を喚起している。

(Security NEXT - 2004/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立