Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三洋信販、あらたに個人情報流出を確認

三洋信販は、同社の顧客情報流出について、あらたに1162件の流出事実を確認したと発表した。今回の確認により約1万8000名の情報漏洩が確認された。

新たに流出が確認されたデータは、朝日新聞社へ持ち込まれたもので、同社顧客情報116万人分の一部とされている。顧客情報には氏名や住所、生年月日、貸付残高が含まれていた。

残りのデータに関して実際に同社のデータ化確認作業は行われていないが、最悪のケースとして、同社顧客データ200万件の流出可能性があるとしている。三洋信販では、データの不正使用もあるとしており、注意を喚起している。

(Security NEXT - 2004/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中