Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny作者の逮捕は違法 - 弁護団結成

インターネット上でデータ共有が行えるソフトウェア「Winny」の作者が著作権法違反ほう助の容疑で逮捕されたことを受け、京都と大阪の弁護士10名で弁護団が結成された。

弁護団は、「Winnyというソフトがあたかも著作権違反をするための道具であり、Winnyの開発や頒布が著作権の幇助で有るという誤った理解の元に逮捕に至った」としており、「京都府警の強引なやり方に憤りを禁じ得ないもの」と発表している。

また、「今回の逮捕・勾留がクリエーターの研究活動に与える萎縮的効果は計り知れない」と警告している。

(Security NEXT - 2004/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade