Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明

手話検定試験などを実施している全国手話研修センターにおいて、受験申込者の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっている。

同法人の職員が、第14回全国手話検定試験の受験申込者に関するデータが保存された私物のUSBメモリを紛失したもの。

受験者に関する約1万件の個人情報が保存されていた。氏名や住所、生年月日、年齢、電話番号、メールアドレス、受験番号などが含まれる。データの暗号化などは実施していなかった。

3月13日にデータの保存されたUSBメモリを同職員が持ち出したが、その後の所在が不明となっている。同職員は、帰宅時に携帯電話を鞄から取りだした際、路上へ落とした可能性が高いと話しているという。

同法人では、個人情報の持ち出しを原則禁止しており、持ち出す場合は上長の許可が必要だったが守られていなかった。

同法人は関係者へ謝罪。引き続きUSBメモリを探索するとともに、情報流出が発生していないか、監視を行っている。また今回の紛失について、同試験の事務処理などに及ぼす影響はないとしている。

(Security NEXT - 2020/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か