Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得

大阪市にある十三市民病院の職員が、不正に電子カルテを閲覧し、患者情報を取得していたことがわかった。

同院を運営する大阪市民病院機構によれば、問題の職員は放射線科に務める技士。2014年4月ごろから2019年2月にかけて勤務時間外に電子カルテを閲覧していた。

電子カルテに患者として登録されていた約20人ほどの同機構職員や同院委託先の職員に関する携帯電話番号などを取得、携帯電話に登録していた。一部はすでに削除されており、特定できない対象者もいるという。

今回の問題を受け、同機構では同職員を停職6カ月とするとともに、管理監督責任者3人についても処分した。また職員に対する個人情報保護やコンプライアンスに関する研修の実施や、電子カルテのアクセスログを抜き打ちでチェックするなど、再発防止防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2020/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
電子契約書サービスに不正アクセス - 利用者情報が流出
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市