Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報銀行認定で初の「通常認定」

日本IT団体連盟は、DataSignの情報銀行サービス「paspit」に対して「情報銀行認定」における「通常認定」を行った。

「情報銀行認定」は、総務省と経済産業省による「情報信託機能の認定に係る指針」に基づき、認定団体である日本IT団体連盟が情報銀行を認定する制度。

「通常認定」は、実施中のサービスにおいて、計画および運営実行体制が認定基準に適合しているか認定するもので、継続的に改善を図る「マネジメント体制」なども審査される。

サービス開始に先立ち認定を受ける「P認定」については、すでに複数のサービスが認定を受けているが、「通常認定」を受けたのは同サービスがはじめて。2月26日に認定され、有効期間は2020年3月2日より2年間。

(Security NEXT - 2020/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
国内初となる「情報銀行」の「P認定」 - 三井住友信託銀など2社
10社が参加、情報銀行の実証実験を開始
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向