Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新

Adobe Systemsは、「Adobe Media Encoder」や「Adobe After Effects」の深刻な脆弱性を解消するセキュリティアップデートを定例外で公開した。

同社によると、「Adobe After Effects 16.1.2」に域外のメモリへ書き込む脆弱性「CVE-2020-3765」が判明したもの。「Adobe Media Encoder 14.0」についても、域外のメモリへ書き込みが行われる「CVE-2020-3764」が明らかとなった。

いずれもWindows版に影響があり、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は脆弱性の修正を行った最新版「Adobe After Effects 17.0.3」および「Adobe Media Encoder 14.0.2」をWindowsおよびmacOS向けにリリース。適用優先度は3段階中もっとも低い「3」で、任意のタイミングでアップデートするよう求めている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
シューズ通販ショップに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Apple、「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」をリリース
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
「Adobe Creative Cloud」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を
「PHP」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Drupal」にアップデート - サードパーティ製エディタに起因する脆弱性を解消