Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処

Oracleは、四半期ごとに公開している定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースし、334件の脆弱性に対処した。

今回のアップデートは、「Oracle Database Server」「Oracle Java SE」のほか、「Oracle E-Business Suite」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle MySQL」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Virtualization」など、対象製品は多岐にわたる。

修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」において、最大値10のところ、「7」以上とされる脆弱性は134件。このうち42件については「9」以上とレーティングされている。

ネットワーク経由で認証なく攻撃が可能とされる脆弱性は192件。同社は、脆弱性の悪用を防止するため、早期にアップデートを適用するよう呼びかけている。

なお、次回の定例アップデートは米国時間2020年4月14日に公開する予定。

(Security NEXT - 2020/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース