Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超

約3割がいわゆる「情報銀行」を認知しており、そのうち43.2%が個人情報の提供に抵抗を感じていることがわかった。

ジャストシステムが、インターネットを活用したリサーチサービス「Fastask」を利用して11月26日から同月30日にかけて登録モニターに対して意識調査を実施、結果を取りまとめたもの。17歳から69歳の男女1024人が回答した。

個人から信託された行動履歴や購買履歴などのパーソナルデータを、企業が管理、運用する情報銀行の利用率について調べたところ、7.2%が「利用している」と回答した。

利用していないが、ほかの人に説明できる程度に知っている(5.8%)」「利用しておらず、ほかの人に説明できるほどではないが、知っている(18.5%)」をあわせると、31.5%の回答者が情報銀行を認知している。

20191219_js_001.jpg
情報銀行の利用状況(グラフ:ジャストシステム)

(Security NEXT - 2019/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向