Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処

Oracleは、「Java SE」の最新版をリリースした。CVEベースで20件の脆弱性に対処している。

同社が四半期ごとに公開している「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて修正を実施したもの。バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、あわせて20件の脆弱性を解消した。

いずれも共通脆弱性評価システム「CVSS v3」におけるスコアは「7」未満となっており、最も高い脆弱性で「CVE-2019-2949」「CVE-2019-2989」で「6.8」だった。いずれもリモートより悪用が可能だという。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 13.0.1」「同11.0.5」「同8u231」を公開。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Chrome」に2件の脆弱性、アップデート公開 - ゼロデイ攻撃も確認
「Samba」に3件の脆弱性 - アップデートがリリース
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限