Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導

メールでクラウドストレージ上のファイルへ誘導し、メールのアカウント情報を詐取するフィッシング攻撃が報告された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

メールの保存領域が不足しており、「更新」や「再アクティブ化」が必要などとして、フィッシングサイトへ誘導するもの。対応しないとメールを送受信できなくなったり、アカウントが閉鎖されるなどとして不安を煽っていた。

今回の攻撃では、誘導先のフォームがマイクロソフトのクラウドストレージサービス「OneDrive」上にExcelで作成されており、正規URLで誘導。アクセスしたユーザーが正規のサイトと信じてしまったり、フィルタリング製品などが回避されるおそれもある。

フィッシング対策協議会では、「OneDrive」を悪用し、認証情報の詐取を試みる攻撃について多数報告を受けていると指摘。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
「カードが不正利用の可能性」と不安煽るSMSに注意 - 「エポスカード」を偽装
偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を