Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性へ対処した「Adobe Flash Player」のアップデートをリリースした。

今回のアップデートは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてリリースしたもの。「Windows」「macOS」「Linux」のほか、ブラウザの同梱版に含まれる2件の脆弱性に対処した。いずれも悪用は確認されていない。

「CVE-2019-7096」は、重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性。解放後のメモリにアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性で、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。

また域外のメモリを読み込み、情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2019-7108」に対応した。重要度は1段階低い「重要(Important)」とレーティングされている。

同社では、各プラットフォーム向けに最新版となる「同32.0.0.171」をリリース。「Linux」を除き、適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安に適用するよう呼びかけている。「Linux」については、任意のタイミングで更新するよう求める1段階低い「3」とした。

20190410_as_001.jpg
各プラットフォーム向けにアップデートを提供(表:Adobe Systems)

(Security NEXT - 2019/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ