Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定

キョードー東京が運営するチケット販売サイトにおいて、顧客の個人情報が関係ない別の顧客に表示された問題で、当初流出したとされていたパスワードが、実際には流出していなかったことがわかった。

「キョードー東京チケットオンライン」において、3月16日4時7分から同日8時17分にかけてログインした顧客の個人情報が、本人以外の別の顧客に表示されたもの。

当初は、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、ID、パスワード、秘密の質問および回答などが表示された可能性があるとしていたが、その後の調査によって、パスワードは伏せ字で表示されていたことが判明。そのため、流出した可能性はないという。

同社では3月27日12時にサービスを再開する予定。パスワードは流出しておらず、再開後にパスワードを変更する必要はないとアナウンスしている。

ただし、今回の不具合では氏名や住所、生年月日、電話番号、メールアドレスのほか、秘密の質問、秘密の質問の答えについても第三者に表示されたおそれがあり、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾
「おそ松さん」特設通販サイトで不具合 - 他会員情報表示
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
関係者2650人へメール送信で操作ミス - ルネサンス
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合