Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も

日本マイクロソフトは、5月1日に控えた改元にあたり、月例の更新プログラムを通して新元号対応するとし、事前準備などを呼びかけている。また利用者の環境で独自の実装を行っている場合、更新プログラムでは対応できずに影響を受けるおそれがあるとして注意を喚起した。

同社における新元号への取り組みを明らかにするとともに、トラブルを避けるため、事前準備などを呼びかけたもの。

同社では「Windows」「Office」「.NET Framework」において、一部仕様の見直しなど段階的に準備を進めているが、最終的には月例の更新プログラムで対応する予定。

同社は事前準備として、システムが破損していないか確認した上で、新元号の対応に向け事前に最新の更新プログラムを適用した状態にしておくことを推奨。新元号公表後には更新プログラムを適用するよう求めている。またウェブなどを通じて発信する最新情報を参照するよう求めた。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
MS、IE向けに緊急定例外アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意