Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているフォーム作成用プラグイン「Smart Forms」に脆弱性が含まれていることがわかった。

同プラグインにおいて、「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2019-5924」が明らかとなったもの。「同2.6.15」および以前のバージョンに含まれる。

「WordPress」へログインした状態で細工したページにアクセスすると、フォームの作成や削除、スクリプトの挿入など利用者の意図に反して不正な操作が行われる可能性がある。

同脆弱性は、東京電機大学の齋藤真幸氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性に対処した「同2.6.16」がリリースされている。

(Security NEXT - 2019/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正