Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査事業で企業回答内容をサイト上で誤公開 - 経産省

経済産業省は、2018年5月にウェブサイトで公開した調査報告書の資料に、本来公開すべきでない機密情報が含まれていたことを明らかにした。

同省によれば、EY税理士法人に委託して実施した2017年度の「対日直接投資促進体制整備等調査事業(BEPSプロジェクトを踏まえた移転価格税制及び各国現地子会社に対する課税問題にかかる調査研究)」に関する報告書を公開した際、誤ってアンケートの回答についても関連資料として同省サイト上で公開してしまったという。

ウェブサイトに資料を掲載する際、内容を十分に確認していなかったのが原因で、2018年5月11日から削除した2019年3月1日までの10カ月弱、インターネット経由で閲覧できる状態だった。

同資料には、回答企業2042社分の企業名、担当者名、電話番号、メールアドレス、回答内容などが含まれる。

同省担当者が2月28日夜に機密情報が含まれることへ気が付き、翌3月1日に削除。同省では、対象となる企業の担当者に順次謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
社外協力者の個人情報が流出した可能性、関連情報がネット上に - ユニクロ