Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正ログインでリセット」とウソ - 「三井住友カード」装うフィッシングに注意

「三井住友カード」を装ったフィッシング攻撃が確認された。「不正ログイン」の発生を装う内容で、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

今回確認されたのは、フィッシングメールより偽サイトへ誘導する手口。「【重要】三井住友カード緊急のご連絡 」といった件名のメールを送りつけていた。

メールの本文では、「第三者によって不正にログインされた可能性がある」とし、「セキュリティ保護の観点から緊急の措置としてパスワードをリセットした」などと説明。パスワード設定ページなどと称してフィッシングサイトへ誘導する。また発信日の記載もあり、「2019年02月18日」と今回の攻撃にあわせた内容が記されていた。

誘導先のフィッシングページでは、クレジットカード番号、有効期限、生年月日、セキュリティコード、電話番号、暗証番号、支払口座の下4桁などの入力を求める。一部誘導先サイトは、SSL/TLSによる暗号化にも対応していた。

2月19日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

20190220_ap_001.jpg

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
「カードが不正利用の可能性」と不安煽るSMSに注意 - 「エポスカード」を偽装
偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン