Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者

京都市で冠婚葬祭事業を展開するセレマは、顧客情報が記載された資料が外部の店舗で発見されたことを明らかにした。

同社によれば、同社が結婚式を取り扱った顧客10組の個人情報含む資料が、外部事業者において放置されていたことが11月26日に判明したという。

提携先従業員が、業務のため規約に基づき資料を社外へ持ち出した際、紛失したと見られる。

同資料には、10月に市内の同社式場で挙式した10組の氏名、住所、電話番号が記載されていた。

外部事業者より同社へ連絡があり、問題が発覚。すべて回収した。外部事業者の責任者のもと、管理保存されていたとして、二次流出については否定している。

(Security NEXT - 2018/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市