Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のアップデートをリリースした。当初予告より重要度が高い脆弱性が大量に含まれており、注意が必要だ。

今回のアップデートでは、あわせて87件の脆弱性へ対処。当初の予告では、重要度が3段階中2番目にあたる「重要(Important)」の脆弱性へ対処するとしていたが、39件に関してはもっとも高い「クリティカル(Critical)」としており、予告時よりレーティングを格上げしている。

具体的には、解放したメモリへアクセスする「Use After Free」をはじめ、バッファエラー、域外のメモリに対する書き込み、ヒープオーバーフロー、特権の昇格、セキュリティのバイパスなどへ対処した。のこる48件はいずれも「重要(Important)」とされており、情報漏洩の脆弱性に対応している。

20181212_as_001.jpg
アップデート

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響