Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック

インテックは、スマートデバイス向けアプリケーションの脆弱性診断を行う「EINS/SVA+モバイルアプリケーション診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、スマートデバイス向けアプリケーションの脆弱性や通信先サーバにおけるネットワークの脆弱性をマニュアル検査により診断するもの。「iOS」「Android」に対応している。

検査項目は、個人情報の漏洩やサービスの不正利用、アプリケーションの偽装などに対応。検査終了から約2週間後に、診断結果報告所の提出と報告会を提供する。

料金は1アプリケーションあたり86万4000円から。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
サイボウズ、2020年度の脆弱性報奨金制度をスタート
やってはいけない脆弱性情報の取扱とは? - IPAが解説動画
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA