Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス

アールワークスは、ウェブアプリケーションの脆弱性診断サービス「SECURE-AID Apps」を提供開始した。

同サービスは、Tenable Network Securityの脆弱性診断ツール「Tenable.io Web Application Scanning」を用いたウェブアプリケーションのSaaS型脆弱性診断サービス。スキャンの設定は同社が代行する。

診断後は、検出された脆弱性を4段階に分類。対処方法を解説する英語のレポートを提供。オプションで日本語による解説レポートも提供する。

1FQDNに対する1回あたりの料金は10万5840円。60日以内なら、無料で1回の再診断が行える。日本語の解説レポートは、1本あたり13万6080円。

(Security NEXT - 2018/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ