Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口

ニフティは、同社ISPサービス「@nifty」の会員サポートを装い、偽サイトへ誘導するフィッシングメールが出回っているとして、注意を呼びかけた。

問題のメールは、「帯域幅超過」といった件名で送信されているもの。メールボックスの保存容量を超過したとの通知に見せかけていた。

メールの本文では、「あなたはあなたの電子メールクォータの85%を使い切ってしまいました。20KBを超える電子メールは拒否されます」などと記載。

メールを受信するには「メールボックスのクリアが必要」などとだまし、フィッシングサイトへ誘導してIDやパスワードを入力させようとしていた。

(Security NEXT - 2018/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も