Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口

ニフティは、同社ISPサービス「@nifty」の会員サポートを装い、偽サイトへ誘導するフィッシングメールが出回っているとして、注意を呼びかけた。

問題のメールは、「帯域幅超過」といった件名で送信されているもの。メールボックスの保存容量を超過したとの通知に見せかけていた。

メールの本文では、「あなたはあなたの電子メールクォータの85%を使い切ってしまいました。20KBを超える電子メールは拒否されます」などと記載。

メールを受信するには「メールボックスのクリアが必要」などとだまし、フィッシングサイトへ誘導してIDやパスワードを入力させようとしていた。

(Security NEXT - 2018/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意