Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞

朝日新聞社において、イベント参加申込者の個人情報を保存したノートパソコンが一時所在不明となった。その後警察へ届けられ、回収されている。

11月6日朝、同社従業員が都内の電車内に鞄ごと置き忘れ、個人情報が保存されたノートパソコンを紛失したもの。

氏名や住所、生年月日、メールアドレスなど、同社が運営に関わったシンポジウムへ参加を申し込んだ約1900人分の個人情報が含まれる。

同月13日に警察からの連絡で、忘れ物として届けられたことが判明。一緒に紛失した記者腕章や社員証とともに回収した。

同社でパソコンを調査したが、不正アクセスが行われた痕跡は確認されなかったとし、内部の個人情報が流出した可能性は低いと説明。対象者に個別に連絡を取り、注意喚起を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
顧客情報含む資料を検針員が紛失 - 中部電力