Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応

NRIセキュアテクノロジーズは、特権ID管理ソリューション「SecureCube/Access Check」の新版を12月上旬に発売する。

同製品は、WindowsやLinuxにおける特権IDのアクセス制御や監査ログの管理を実現するソリューション。特権IDの利用における申請、承認、証跡取得、事後確認などの監査業務が行える。

新版では、事前に設定した不正行動の検知時に、通信を遮断する機能を追加。また従来外部製品との連携で実現していた特権IDのパスワード管理機能を同製品のみで利用できるようになった。

さらに、特権IDに関わる申請から承認までの運用時におけるワークフロー機能を拡張したほか、マルチテナント利用に対応。複数の組織をまたいでID管理を行う場合も、同製品でアクセス管理が行える。またAPIを公開したことで、外部システムとより柔軟に連携できるようになった。

(Security NEXT - 2018/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
DIT、プログラムファイルに記載された特権IDやPWの漏洩防ぐ新製品
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
CyberArk製の特権アカウント監視製品を発売 - dit
顧客向けにアセスメントサービス - 日本オラクル
NRIセキュア、特権IDアクセス管理ソリューションに新オプション
NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供
CA、特権ID管理ソリューションのXceediumを取得
NRIセキュア、特権ID管理に個人情報の持出検知機能