Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用

インターネット上で窃取されたクレジットカード情報が、旅行関連の不正決済に悪用されるケースが多いとして日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意喚起を行った。

フィッシングメールやマルウェアなどを通じて不正に取得したクレジットカード情報を用いて、航空券や宿泊施設、テーマパークのチケットなどの購入に悪用する「不正トラベル」を多数確認しているとして注意を呼びかけたもの。

同センターによれば、犯行グループは日本国内の旅行に詳しい旅行代理店を偽装。割引などもちらつかせ、訪日希望の旅行者を誘引。

旅行の申込者に対して、窃取したクレジットカード情報で決済し、旅行を手配。その際に得た予約情報を旅行者に伝えて正規の予約を行ったと信じさせ、料金をだまし取っていた。

20181019_jc_001.jpg
「不正トラベル」の流れ(図:JC3)

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - 日専連パシフィック
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
しょうが関連製品通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
スマホ決済のクレカ不正利用対策で検討会 - 経産省
PayPayでセキュリティコード20回以上入力は13件、9件は本人 - 外部でクレカ情報入手か
情報漏洩の補償、「いらない」「5万円以上」と両極端
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装