Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト

産業技術総合研究所(産総研)とZenmuTechは、断片化した状態で演算処理を行う秘匿計算技術の実用化に向け、協働プロジェクトを開始した。

データを分割し、異なるデバイスに分散保存する秘密分散技術は、情報処理にあたり従来はデータの復元を必要としたが、復元せずに処理が可能となる秘匿計算技術の研究を推進するもの。

両者の技術や研究成果を活用し、現状理論検証フェーズにある秘匿計算技術の実用化を目指すとしている。

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
ホンダ、AIのセキュリティ分野で米ボストン大と共同研究 - プライバシーの制御技術なども
暗号学分野の業績称え、Adi Shamir氏に日本国際賞
個人データ漏洩、報告は「努力義務」で不要な場合も - 個人情報保護委がパブコメ実施
富士通研究所ら、ブロックチェーンのセキュリティ強化技術を開発
NICTら、ドローンによる自動配送実験に成功 - 乗っ取りや盗聴を防御
2012年第4四半期は901件のDDoS攻撃へ対応 - IIJレポート
日立、誤差生じる生体情報を「秘密鍵」に利用できる技術を開発
NICT、ドイツの暗号解読コンテストで世界記録 - 秘匿情報処理技術の実用化目指す
DoS攻撃などの発信元を逆探知できる技術を産学協同で開発