Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも

Windowsのタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性が見つかった問題で、回避策がアナウンスされている。また一部セキュリティベンダーでは独自にパッチを展開している。

問題の脆弱性は、「タスクスケジューラ」における「アドバンストローカルプロシージャコール(ALPC)」の処理に起因するもので、権限の昇格が生じるおそれがある。実証コードがリリースされる一方、セキュリティ更新に関するアナウンスは行われていない。

セキュリティ機関では、セキュリティ研究者であるKevin Beaumont氏が考案した「Microsoft Sysmon」を使用し、攻撃コードの実行を検知する手法を回避策としてアナウンスしている。

またスロベニアのACROS Securityは、同社製品「0patch」利用者向けに64ビット版の「Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)」「Windows Server 2016」の独自パッチを展開。3種類の修正が含まれており、同社では、公式にセキュリティ更新がリリースされるまでの一時的な解決策であると説明している。

いずれもマイクロソフトが推奨する対策ではなく、想定外の動作を引き起こす可能性も踏まえ、動作確認を実施するなど慎重に利用する必要がある。また適用した場合、正式なパッチが公開された場合、実施前の状態に戻すなど事後対応などが必要となる可能性もあり、注意が必要。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供