Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる

日本語で記載された「ビジネスメール詐欺(BEC)」が国内で確認されたとして、情報処理推進機構(IPA)は、類似した手口に注意するよう呼びかけている。

同機構によると、7月に入り、サイバー情報共有イニシアティブ「J-CSIP」の参加企業から、日本語によるビジネスメール詐欺の報告がはじめて寄せられたという。これまでも「BEC」に関する17件の情報提供を受けてきたが、いずれも英語によるものだった。

今回確認されたメールでは、「最高経営責任者」などとして実際のCEOの氏名を署名に記載。メールの差出人の表示において、CEOの氏名とメールアドレスを詐称していたほか、メールの本文では受信者に他言させないよう「内々に機密扱いでお願いしたい」などと話を持ちかけていた。

さらに「金融庁の取り決めでやりとりはすべてメールで行う」などと説明。弁護士に対してCCによる同報送信を行うよう指示する一方、弁護士事務所に似せた偽ドメインのメールアドレスを記載。

あたかも第三者である弁護士が介在する正規の依頼であり、対応を怠ると問題が発生するかのように見せかけるなど、ソーシャルエンジニアリングのテクニックを用いて信用させようとしていた。

20180827_ip_001.jpg
日本語によるビジネスメール詐欺の文面。差出人は実在する人物やメールアドレスを詐称していた(画像:IPA)

(Security NEXT - 2018/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も