Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影

ゼロデイ攻撃への悪用が確認され、マイクロソフトによる8月の月例セキュリティ更新で修正された脆弱性が、「Darkhotel」を展開した攻撃グループによって悪用されていたことがわかった。

問題の脆弱性「CVE-2018-8373」は、「Internet Explorer」の「VBScript」に関連する脆弱性。解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性で、7月にTrend Microが発見、報告した。

同社によると、「Windows Update」の関連サイトに見せかけた偽サイトへのトラフィックでエクスプロイトを発見したという。

5月に修正された「CVE-2018-8174」を悪用したゼロデイ攻撃においても、同じ難読化技術を使用。類似したシェルコードの実行手法を用いており、これら脆弱性が同じ作者により作成されたものと分析している。

(Security NEXT - 2018/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応