Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影

ゼロデイ攻撃への悪用が確認され、マイクロソフトによる8月の月例セキュリティ更新で修正された脆弱性が、「Darkhotel」を展開した攻撃グループによって悪用されていたことがわかった。

問題の脆弱性「CVE-2018-8373」は、「Internet Explorer」の「VBScript」に関連する脆弱性。解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性で、7月にTrend Microが発見、報告した。

同社によると、「Windows Update」の関連サイトに見せかけた偽サイトへのトラフィックでエクスプロイトを発見したという。

5月に修正された「CVE-2018-8174」を悪用したゼロデイ攻撃においても、同じ難読化技術を使用。類似したシェルコードの実行手法を用いており、これら脆弱性が同じ作者により作成されたものと分析している。

(Security NEXT - 2018/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト