Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新を公開した。CVEベースで60件の脆弱性を修正した。2件の脆弱性については、ゼロデイ攻撃が発生しており、一般にも公開済みだという。

20180815_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートは「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Exchange Server」「SQL Server」「ChakraCore」「.NET Framework」「Visual Studio」などの脆弱性に対処した。同日に公開となっている「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、アップデートを実施している。

「Adobe Flash Player」に関する脆弱性を除くと、今回修正された脆弱性は60件。最大深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が20件、次いで深刻度が高い「重要」が28件。「警告」「注意」がそれぞれ1件だった。

脆弱性によって影響は異なるが、約半数にあたる29件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある。また「権限の昇格」「情報漏洩」「セキュリティ機能のバイパス」「改ざん」「なりすまし」などの問題へ対処している。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正