Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース

Adobe Systemsは、マーケティングソリューション「Adobe Experience Manager(AEM)」に脆弱性が含まれるとしてアップデートをリリースした。

バージョンによって異なるが、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2018-5005」「CVE-2018-12806」や、入力検証のバイパス「CVE-2018-12807」など3件の脆弱性が明らかとなったもの。重要度は、いずれも3段階中もっとも低い「中(Moderate)」としており、悪用は確認されていない。

同社では、「同6.4」「同6.3」「同6.2」「同6.1」「同6.0」向けてホットフィクスや修正パックを用意。適用優先度を3段階中2番目の「2」としており、30日以内を目安に適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中