Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ

「Internet Key Exchange v1(IKEv1)」のメインモードを利用している場合も、オフラインのブルートフォース攻撃を受けるおそれがあるとして、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「IKEv1」で事前共有鍵を使用する場合、「アグレッシブモード」においてオフラインで総当たり攻撃を受ける脆弱性が従来より明らかとなっているが、「メインモード」でも「マンインザミドル(MITM)攻撃」で取得した情報をもとに攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2018-5389」が明らかとなったという。

脆弱な事前共有鍵を使用している場合、解読されるおそれがあるとして、セキュリティ機関では、強度がある事前共有鍵を用いるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト