Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DHCPサーバ「Kea」、リソース枯渇によるサービス停止のおそれ

DHCPサーバである「Kea」にサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

同ソフトにおいてメモリを適切に解放しない脆弱性「CVE-2018-5739」が存在し、メモリを大量に消費するおそれがあるもので、悪用されるとリソースが枯渇し、サービス拒否に陥るおそれがある。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を解消した「同1.4.0-P1」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を