Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DHCPサーバ「Kea」、リソース枯渇によるサービス停止のおそれ

DHCPサーバである「Kea」にサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

同ソフトにおいてメモリを適切に解放しない脆弱性「CVE-2018-5739」が存在し、メモリを大量に消費するおそれがあるもので、悪用されるとリソースが枯渇し、サービス拒否に陥るおそれがある。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を解消した「同1.4.0-P1」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
Windows向け「VMware Horizon」に情報漏洩の脆弱性
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「アタッシェケース」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートで修正