Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増

2018年第1四半期に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた脆弱性の届け出は138件だった。ソフトウェア、ウェブサイトともに増加している。

20180426_ip_002.jpg
届け出件数の状況(表:IPA)

同機構が、2018年第1四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期の届け出件数は138件。前四半期の70件からほぼ倍増した。

届け出の内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性が51件で、前四半期の37件から増加。ウェブサイト関連も87件と、前四半期の33件を大きく上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア製品が3946件。ウェブサイト関連が9715件。ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占める状況に変化は見られない。1日あたりの届け出件数は4.08件だった。

20180426_ip_001.jpg
届け出件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省