Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増

2018年第1四半期に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた脆弱性の届け出は138件だった。ソフトウェア、ウェブサイトともに増加している。

20180426_ip_002.jpg
届け出件数の状況(表:IPA)

同機構が、2018年第1四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期の届け出件数は138件。前四半期の70件からほぼ倍増した。

届け出の内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性が51件で、前四半期の37件から増加。ウェブサイト関連も87件と、前四半期の33件を大きく上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア製品が3946件。ウェブサイト関連が9715件。ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占める状況に変化は見られない。1日あたりの届け出件数は4.08件だった。

20180426_ip_001.jpg
届け出件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
中国関与の攻撃グループ「APT 10」の活動を非難 - 外務省談話
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
トロイの木馬「Fareit」の添付メール、9割が同じ件名
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集