Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル

「Chrome」の開発チームは、WindowsやMac OS、Linux向けに最新版ブラウザ「Chrome 66.0.3359.117」を提供開始する。機能改善のほか、複数のセキュリティに関する修正を実施した。

20180419_cr_001.jpg
アップデートを公開したChromeの開発チーム

開発チームによると、今回のアップデートでは、セキュリティに関する62件の修正を実施。CVEベースで34件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。

CVEが採番されている脆弱性を見ると、重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は「CVE-2018-6085」「CVE-2018-6086」の2件。いずれもディスクキャッシュの処理において解放後のメモリへアクセスを行う「Use after free」の脆弱性だった。

また1段階低い重要度「高(High)」の脆弱性6件を解消している。バッファオーバーフローの脆弱性や同一生成元ポリシーのバイパス、プラグイン処理の問題、「Use after free」などの脆弱性に対処した。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明