Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市

大阪府堺市の中学校で、生徒の個人情報が記載された家庭連絡票などが所在不明になっていることがわかった。

同市によれば、2017年度の1学級36人分の家庭連絡票や氏名のゴム印、学級日誌などが引き継がれておらず、所在不明になっているもの。2018年度の打ち合わせを4月4日に行った際に気が付いたという。

家庭連絡票には、生徒と保護者の氏名、住所、電話番号、緊急連絡先、家族構成、卒業小学校、自宅付近の略図などが含まれる。学級日誌には、学習内容や出欠状況などが記載されていた。

対象学級の担任は自席の机の中に入れて保存していたとしているが、机は中身を確認した上で、同月2日に廃棄されたという。校内や担任の自宅を捜索したが、見つかっていない。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性