Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、開発ツール「Xcode」の脆弱性に対処

Appleは、同社製品向けの開発ツールである「Xcode」のアップデートとして「同9.3」をリリースした。

「macOS High Sierra 10.13.2」および以降のバージョンを対象とするアップデートをリリースしたもの。

今回のアップデートでは、「Xcode」に含まれるコンパイラ基盤「LLVM」における脆弱性「CVE-2018-4164」など、複数の問題を修正したという。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数OSやファームウェアでBluetooth実装に脆弱性 - 盗聴や改ざんのおそれ
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」最新版も
Apple、「iOS 11.4.1」をリリース - 脆弱性22件を修正
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」も更新
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
主要OSなどに権限昇格の脆弱性 - 各社アップデートで対応
Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース