Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報

新潟日報社は、新潟県と新潟市の教職員異動情報を、公式発表前に作業ミスで誤って公開していたことを明らかにした。

同社によれば、教職員の異動情報に関する検索サービスを同社では提供しているが、事前に新潟県から提供された2018年の教職員異動名簿を、3月23日の公式発表前に誤ってインターネット上で公開したもの。数校分の情報が事前に漏洩したと見られている。

同社では、公表前に作業を行う場合、IDとパスワードを設定しており、本来外部から閲覧できない状態だが、検証作業で一時的にIDとパスワードを解除する必要があり、作業終了後もそのままアクセスを制限していなかった。

同月20日17時前から問題に気が付いた同日21時ごろにかけて、名簿の検索ページから公開前の名簿が検索できる状態となり、さらにSNSなどを通じて情報が拡散したものと見られ、約4時間に約1500回の閲覧が行われたという。

今回の問題を受けて同社では、同県を訪問して事情を説明し、謝罪。メディアとして情報管理は最重要事項であり、再発防止策を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
個人情報含む旧優生保護法関連の資料を公開 - 神奈川県
中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市