Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Dreamweaver CC」にOSコマンドインジェクションの脆弱性

Adobe Systemsは、「Adobe Dreamweaver CC」のWindows版に深刻な脆弱性が見つかったとして、セキュリティアップデートをリリースした。

同製品のURI処理に問題があり、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-4924」が含まれていることが明らかとなったもの。

脆弱性が悪用された場合、リモートよりコードを実行されるおそれがある。重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。

同社は、脆弱性に対処した「同18.1」をリリース。適用優先度は任意のタイミングでアップデートを求める「3」とレーティングした。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
iOS向け保険管理アプリに脆弱性 - 「Cordova」向け旧プラグインに起因
「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用