Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のSAMLライブラリに脆弱性 - 認証回避のおそれ

複数のSAMLライブラリに実装上の問題が存在し、シングルサインオンにおいて異なるユーザーになりすまして認証できる脆弱性が存在することが明らかになった。

脆弱性を報告したDuo Securityによると、今回明らかとなった脆弱性は、シングルサインオンなどの認証で利用されるXMLベースの「SAML(Security Assertion Markup Language)」を処理する一部ライブラリ。

これらライブラリを用いたSAMLベースのシステムにおいて、「DOMトラバーサル」「XML正規化API」のXMLノードにおけるコメント処理に問題があり、XML署名を正しく検証しないという。アクセス権を持つ攻撃者が脆弱性を悪用すると、SAMLデータを改ざんし、別のユーザーとしてパスワードなしに認証することが可能となる。

脆弱性は、Duo Securityが提供する「Duo Network Gateway」のほか、OneLoginが提供する「python-saml」「ruby​​-saml」や、Cleverの「saml2-js」のほか、「OmniAuth-SAML」「Shibboleth」などのライブラリが影響を受ける。CVE番号は、それぞれ「CVE-2018-7340」「CVE-2017-11427」「CVE-2017-11428」「CVE-2017-11429」「CVE-2017-11430」「CVE-2018-0489」。

今回の脆弱性が明らかとなったことを受け、セキュリティ機関では最新のライブラリにアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ
「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み